名前・資格 山岸 玲子〈社会保険労務士〉山岸玲子
得意分野 障害年金、社会保険制度
選ばれる理由 受講側の視点で、難しいことを分かり易くお伝えします
実績 (1)士業向け労務セミナー「主婦の労働力を活用しよう」
(2)住宅展示場主催セミナー「知って安心!身近な社会保険 〜給与明細から学ぶ公的年金&保険のポイント〜」
(3)ママサークル向けセミナー「社会保険について楽しく学ぼう~年金すごろくゲーム」
(4)mamatanoワークサロン主催労務セミナー「人を雇う前に知っておきたいこと」
(5)乳がんサークル主催「がんと一緒に働く方法を考えよう」
その他多数
推薦コメント 年金・社会保険と言った専門家以外には馴染みの薄い分野を、楽しくゲーム形式で学ぶことが出来ます。人間味のある楽しいトークも人気を博しています。

【選ばれる理由】 主婦経験をいかす!を体現する講師です

社会保険や年金の難しい話なんて、眠くなるだけ・・・?
それなら、ゲームで楽しく学びませんか?

一般的な年金セミナーは、どうしても制度の羅列になりがちです。面白みがない上に、真剣に学ぼうとしても「例外もあります」「ご主人の勤務形態によって差があるので何とも言えませんが・・・」といった言葉が付け加えられ、結局自分の場合はどうなのか、ハッキリとは分からないまま・・・ということは、ありませんか?
山岸講師の「年金すごろく」は制度ごとの細かい内容は、概要を簡潔に解説するにとどめます。受講者は、20歳独身になったつもりですごろくに参加していただきます。よくあるライフイベントと年金のかかわりをゲーム形式で学ぶことで、年金や社会保険のエッセンスを理解することが出来ます。形式的に制度を学ぶ場合と異なり、一生モノの知恵を身に付けることが出来ます。
山岸講師は、社会保険労務士になる前には専業主婦だったため、主婦が働く際の「個人」としての不安もよく理解してくれます。分からないことや心配なことはその場で気軽に相談していただけます。

お客様の声

  • よくわからないからと言って今まで自ら調べることはなかったが、年金すごろくはゲーム形式でとても楽しく、実はとても身近なもの、知らなきゃ損!とよく分かった
  • やみくもに「とにかく、正社員になりなさい!」と我が子には言ってきたが、自分自身が「なるほど~」と実感することができた
  • すごろくのコマの中にはちょっとしたドラマチック♡な展開もあり楽しみながら学ぶ事が出来た

【研修案①】
ゲームで楽しく学ぼう!「年金すごろく」
扶養の範囲で働くのがお得って本当なの?

人口減少・労働力不足により、「女性の労働力を活用しよう」という声が高まっています。企業は、優秀な人材である女性に活躍してもらうことにより、業績をアップさせたいという期待を抱いていると考えられます。
ところが、能力があっても女性本人が「扶養の範囲内で働きたい」という希望を持っており労働量を自ら制限してしまうことは多いものです。この「扶養の範囲内で」という言葉ですが、意味やメリット・デメリットを、雇用される女性は本当に理解しているでしょうか?実は、「仕事に忙殺されず、家事・育児と両立できそうな働き方が良い」という漠然としたイメージをこのような言葉で表現しているケースも多いものです。
「年金すごろく」を用いれば、すごろくを楽しみながら、大局的な視点で年金について学ぶことができます。正社員として雇用する場合には、会社が多くの社会保険料を従業員のために負担していることも理解してもらうことが出来ます。
優秀な人材を雇用し続け、従業員にとっても会社にとっても有益な関係を築くために、ぜひ当研修を、従業員の年金リテラシーアップにご活用下さい。

〈所要時間:約二時間〉

【研修案②】
意外に知られていない公的社会保障「障害年金」
~営業マンが知っておきたい基礎知識~

民間保険のプロである保険会社の営業マンは、公的保険の知識を深めて、お客様へのご提案の幅を広げる必要があります。
障害年金は、身近な公的年金にもかかわらず認知度が低く、医療機関・行政の窓口でさえも誤解が多い年金です。その為、本来もらえるはずの人が受給できていない現状があります。
制度や手続きが複雑な障害年金について、知っておくべきポイント・おさえておきたい基礎知識など、実例を交えながらわかりやすくお伝えします。

〈所要時間:約二時間〉

お問合せ・お見積りはこちらからお気軽にどうぞ⇒★